FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型モンスター怒り時のスタミナ削り(侵食系を除く)

RPGの醍醐味ともいえる大型の敵との戦闘楽しんでますか?
このゲームは怒り状態というシステムのせいで、基本的なこと知っているのと知らないのだと雲泥の差で楽しさが違うのでまとめてみました。


■簡単な戦闘の流れ
・ダメージ与える→怒り状態→スタミナ削り→ダウン
→怒り状態は敵の防御力が大きくあがりますが、ダメージは通るので攻撃し続けると怒り状態が解除されます


■モンスターの違い
・怒り→ふらつき→ダウン(サイクロプスなど)と、怒り→ダウン(マキナなど)はスタミナ削りの方法が違う
→見分け方として、ふらつきがある敵はゆさぶりでスタミナを削ることができます。ない敵はできません。
 また白コア(後記)ふらつきがない敵になります。
→ふらつきがない敵は、コア部分への攻撃でしかスタミナを削れません。(モゴックなどブレイクもできる敵は除く)


ここからが今回の超重要
■コア部分への攻撃
・緑職のコア露出
→緑職によるコア露出をするとコア攻撃によるスタミナ削りが大きくなります。
→逆にコア露出が無くても効果は薄いですが、攻撃で削ることはできます。またコアが露出する部分を攻撃すると他の部位より多くを削れます。

・コアの色は5属性+白。
→5属性は属性が合って大きく削れ、合っていないと少ない削りとなります。白は属性による差がありません
ちなみに削る能力は武器の強さに依存しないので弱い武器でも全属性持ってると非常に便利です。

・コアの色=弱点属性ではない
→コアの色はあくまでスタミナの削りやすい属性なだけで、弱点属性が違う敵も居ます。(ウィルムはコア雷で弱点炎)
 ただし耐久属性ではないので、ダウン時にそのまま攻撃でも大丈夫です。

・ふらつきがある敵のスタミナ削りは属性×疲労効力依存、ない敵はチャンス効力依存
→疲労効力とはスキルごとに決まっている値で、アビリティや武器で増加することはありません。
→チャンス効力とはスキルごとに決まっている値ですが、アビリティや武器で増加します。
  覚者のチャンス効力基本値が50の為 アビリティや武器で50増加した場合スタミナ削り能力は倍違ってきます。
 (スタミナ削り以外で、ふらつきがある敵の場合はふらつき→ダウンも早くなります)

・コア部分が壊れる場合
→ある程度攻撃をするとコア部分が壊れる敵(ゴーレム、錬金系)が居ますが、壊れた場合それ以上攻撃することができません。
 またコア部分が壊れて、壊れた部分から更に弱点が出てくる敵(ウィルム、ドレイクなど)は、緑職がコア露出させていても壊れた際にコア露出が消えています(見かけは付いてるように見える)
再度露出させた場合コアが二重丸表示となり、ダメージもスタミナ削りもアップします。


■ゆさぶり
・ゆさぶり耐久がある敵
→ゆさぶり耐性を持っている敵(グリフィンアルケミ、ブラックグリフィンなど)には、ゆさぶっても非常に効果が低いです

・ゆさぶりによる特殊効果
→ゴアサイクロプス限定でゆさぶり続けると片足立ちになり、軸足が攻撃によるスタミナ削りが効果的になります


■ブレイク
・ブレイクの効果
→ブレイクするとスタミナを大幅に減ることと、ブレイク中はコア攻撃/ゆさぶりの効果があがります
→凍結、睡眠などの状態異常をかけると、ブレイクしない状況になります。

・ブレイク蓄積
→ブレイク蓄積値は吹き飛ばし力と攻撃部位に依存します
→吹き飛ばし力は、チャンス効力と同じくスキル+アビリティ+武器の吹き飛ばし力に依存します
→弱点部位(大抵は頭でダメージがオレンジで大文字になる部分)に攻撃すると大きく貯まります。

■ダウンの方向
・仰向けとうつ伏せダウンの違い
→ダウンを取る攻撃(ふらつき/最後のスタミナ削り最後の攻撃)で前面から攻撃した場合は仰向けに、背面から攻撃した場合はうつ伏せになります


長くなりましたが、これを理解していると戦略の幅が広がります。

たとえば、LV45グランエントを倒すときは、怒りまで通常の武器、怒りになったらLV1武器に火クレ付けたのでコアを壊さないようにスタミナを削るやり方をすれば1分以内に討伐できたり、現在のEMの黒騎士でチャンス効力を上げることで、3ダウンだけどさっさと倒せるという戦略をたてたりなどなど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハゲDDON

Author:ハゲDDON
通称:ハゲさん。DDON初心者向けの情報を書いてます。面白みとかはまったく無いので知り合いは来なくていいと思う!

最新コメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。